バカとつき合うな 堀江貴文 西野亮廣〜電話という殺人兵器〜[書評]

書評

あなたは「アポなし」で  

電話をかけるタイプですか?

もし、そうだとしたら、見直す必要があるかもしれません。

先日、堀江貴文さんと西野亮廣さん共著の「バカとつき合うな」を読んで、激しく共感したことがあります。

それは・・・

人の時間を無自覚に奪うバカ

という章に書かれている
「電話をかけてくるバカ」
についてです。

★こんなことありませんか?★

せっかく「集中して」作業していたのに、電話をかけてこられたことで、集中がきれて、その後、仕事がはかどらなかった。

という経験。誰しもあるのではないでしょうか?

★1度の電話があなたの時間を奪う★

途切れた「集中力」を取り戻すのに、最低でも「15分」は、かかると言われています。

つまり、1回の電話で・・・

1日15分
週にすると75分
月にすると300分=5時間

年間で60時間

2.5日も損していることになる。

会社員の方が
自由に使う時間がなくなるのにも
うなずける数字ですね。

ちなみに・・・

あなたの電話は、仕事中に何回なりますか?

★わたしの実体験★

先日の話・・・

仕事のご依頼をいただき
お受けすることにしました。

1度はお受けすることにしたのですが
相手先の方が何回も
突然、電話してくるのです。

「わたしは、電話は取れないことが多いのでメールにしてください。」

と言っているのにも関わらずです。
そこで、気になって質問したんです。

「なぜ、電話をかけてくるんですか?」

そうすると・・・

「メールだと上手く伝わらないと思いまして・・・」

そのように、おっしゃったので
以下のように伝えてみたんです。

* メールを送らないことで
すでに、不快な思いをさせている。

* 電話のみだと「言った言わない」の
トラブルになる可能性がある。

* すべて相手にメモさせることになり
自分の手間の押しつけになる。

* 文章が下手なのは、自分の都合であること。

それでも、なぜか「電話で」を
押し通そうとするのです。

「想像力が足りない」というより「思いやりがない」ように感じました。

ご依頼の内容も
1度受けたのをいいことに
想像力に欠ける要望ばかり

申し訳なかったのですが
お仕事のご依頼をお断りすることに。

★まとめ★

* いきなり電話するのは、他人の時間を奪う行為
* 1日に1回の電話で15分奪われる。あなたの電話は、1日に何回鳴りますか?
* 「まずはメールやライン」が礼儀正しいコミュニケーション。

「バカとつき合うな」で、堀江さんは以下のように述べています。

ピンと来ない人には、サラリーマンが多い。

勤務時間とは、企業に奪われた時間。
サラリーマン同士が電話をかけるのは
奪われた時間同士の掛け合わせにすぎない。

お互い、とっくに奪われた時間なんだから
別にいいじゃん・・・・・・。

という諦めがあるんでしょう。

(バカとつき合うな P.119参照

と。

会社員として3年以上
個人で7年以上
お仕事してきたわたしには
すごく共感できました。

わたしは他人の時間まで
思いやれる想像力を持てるように
これからも意識して
活動していこうと思います。 

コメント