はじめてのレジリエンスワークブック折れない心のつくりかた/日本ポジティブ心理学協会(JPPA)著・宇野カオリ監修・滝本繁(JPPAトレーナー)執筆[書評]

書評

125ページしかない薄い本なのに、内容は薄くない!
素晴らしい一冊でした。

基本となるABC分析を軸に
多彩なフレームワークで思考力を磨き
レジリエンス(日常のストレスに対処する力)を養える一冊

ABC分析とは

A:出来事(Activaiting Event)
B:解釈(Belief)
C:結果(Conciquence)

を書き出して、自分の苦手な出来事を見つけ出す手法です。

解釈を変えることで
感情をうまくコントロールできるように
陥りがちな思考のワナやそのパターンが
詳細に解説されています。

8つの思考のワナはすごく参考になって
「あ〜、あるある!」と
ついつい、うなづいてしまう事例がズラリ。

  • 早とちり
  • トンネル視
  • 拡大化・極小化
  • 個人化
  • 外面化
  • 過度の一般化
  • マインドリーディング
  • 感情の理由づけ

これらを知るだけでも
自分が陥りやすいパターンに気づくことができて
すごくタメになりました。

自分の場合は
「個人化」して必要以上に自分を責めすぎたり
「マインドリーディング」で相手の感情を察知し決めつけてしまう
という悪癖があることに気づけました。

多くのノウハウはペンとノートをとって行う
すこし大変なワークなのですが
それ以外に親しみやすいワークもありました。

特に、お気に入りは
勝手に想起してしまう嫌な考えをブロックする方法です。

自分のテーマソングを決めて
嫌な思考が想起したらテーマソングを流して
思考を止めるんですね。

これは最高です!

30分ほどで読めてしまうほど薄い本なのに
すごく濃い内容で、情報のまとまり方が素晴らしい一冊です。

サクッと読めて、実践しやすい内容。
すぐに自分の思い込みとおさらばできました。

子供から大人まで、どんな人にもオススメできる一冊ですが
とくに、一人で思い悩んで落ち込んでしまいやすい人にこそ
読んでほしい一冊ですね。

はじめてのレジリエンスワークブック
折れない心のつくりかた

コメント