洗濯の手間から解放される靴下の選び方

ミニマリズム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はじめに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前までは、靴下はテキトーに選んで数種類持っていました。

そうすると、洗濯物などのとき揃えるのも手間だし、種類の多さからか、なぜか「あれ?片足ないぞ。」ということが起きたりしていました。

しかも、洗濯は妻がしてくれているので、妻に負担を押し付けているのが、とても嫌でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そこで、改善することにしました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

改善するときにこだわったのは、以下の2点くらいです。

・足首上くらいの丈であること

・色は黒であること

理由は・・・

ビジネスシーンでも目立たずにはけて、カジュアルな服装のときも主張のないものにしたかったというシンプルな理由。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

買ったのは、こちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5足でも十分かな?と思ったのですが

小さい頃から、足腰が強くて良く動き回る性格なので、靴下の消耗がとにかく多いので

結局、10足買いました。

また買う手間を考えて、そちらを減らす選択をしたということですね。

届いたものを見てみると…

すごーくミニマルですね!

コレは、買って良かったな。と利用を始める前に確信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

靴下を統一することで

・妻の洗濯の手間を減らした

・毎朝行う靴下の選択をなくした

・ビジネスとカジュアル統一をした

とにかく私のこだわりは靴であったりするので、靴下は目立たなくていい!というのが個人的な見解ですね。

こうして思い切れるのも、好きなものを把握していて、自分のこだわりが分かっているからできることで「ミニマリストならでは」じゃないでしょうか?

洗濯を奥様に押し付けている、ビジネスマンの方には、「靴下の統一」オススメです!

次回は、もっと洗濯の手間を減らせるミニマルなとのを紹介しますよっ!

タイトルとURLをコピーしました