微妙なニュアンスを伝えるのに役立つもの

日記

微妙なニュアンスを伝えるのに役立つもの

それは音楽です。

(または「直感的表現」
と言い換えることができるでしょう)

「自分という人を分かりやすく伝えてください」

と言ったところで言語情報だけでは
微妙なニュアンスは伝わらないし

情報が増えれば増えるほど
人間のアンビバレントなところが出てきて
相手を混乱させてしまいます。

そこで音楽が役立つんです。

例えば…

「RADWIMPSの曲みたいな感じの人」

と言えば、RADWIMPSというバンドを知っている人には
直感的に理解ができて微妙なニュアンスも伝わるでしょう。

そのような形で自分の世界観や
自分の持っている微妙な感覚を伝えるには
音楽や美術、芸術などによって

視覚的、もしくは聴覚的に伝えることが
とても役立つでしょう。

私自身、論理脳を多用しており
そういったことをしてこなかったので
昨年頃から美術展に行ったりして
右脳を使うようにしています。

さらに今後は、Instagramを利用して
直感的、感覚的な表現を発信してみようと思っています。

興味があれば、のぞいてみてください。

コメント