会話を楽しくするコツ②

前回、妻との「なにげない会話」から

会話を楽しくするコツを思いつき

人に話してみると、思いのほか好評だったので

シェアさせていただきました。

そして、そのときに同時に思いついたコツを

また1つ紹介しようと思います。

そのコツとは・・・

「幻想的にする」

ということです。

前回は、その状況をより強化して考えて

あり得ない状態を想像し、付け足していたのですが

今回は、「幻想的に」という縛りを設けて

考えることで、また違った楽しみが生まれます。

例えば・・・

公園に散歩に行き、こう言います。

「緑がキレイやな~」

これだと、いたって普通の会話ですが

「緑がキレイやな~、妖精でも住んでるんちゃうか?」

と言うと「なに、しょうもないこと言ってんの!(笑)」

というように、すこし笑顔になれるのではないでしょうか?

さらに、「疲れて、足重いわ~」

これを幻想的にしましょう。

「妖怪に足引っ張られるみたいに、足重いわ~」

いや、実際には妖怪に足を引っ張られたことありませんよ?

それでも、「なに、気持ち悪いこといってんの!」と

すこしは、感情を動かす会話になるのではないでしょうか?

最後に、「眠たいわ~」

これを幻想的にしましょう。

「催眠にかかったみたいに、眠いわ~」

こんなことを言うと

「催眠術ではなくて、睡眠術やな」と

面白くないツッコミが入りそうですね(笑)

以上のように、ちょっとしたコツで

会話を楽しくできるので

1日に1回だけでも取り入れてみてください。

コミュニケーションが楽しくなりますよ!

タイトルとURLをコピーしました