フィードバックをする本当の理由

日記

誰でも仕事が上手くいかない日があると思います。

そんな日に自分を責めたり
落ち込むことなく1日を終えるためには
どうしたらいいのか?

と常々考えてきたのですが、最近やっと
そのコツが分かってきました。

それは「軌道修正をする」ということです。
具体的には…

・1日のルーティン
・1週間の仕事量
・年間目標
・人生設計

など、いろいろな自分が目指す理想の状態があると思います。
その理想との誤差に納得できないので
自分を責めたり、落ち込んだりすると思います。

そこで大切になるのが「軌道修正」です。

常にフィードバックを行うことで、細かな修正を繰り返せば
もし、道に迷うようなことがあっても
目的地に正確にたどり着くことができるはずです。

細かな修正というのは、例えば…

いつもなら子どもの昼寝の時間で仕事を進められているはずが
その日に限ってはなかなか寝付かず仕事が遅れてしまった場合

悪いパターンは、そこで仕事ができなかったことに
イライラしたり、落ち込んでしまったりして
やる気を失い、何もしなくなってしまうことです。

しかし、良いパターンでは
一喜一憂することなく、今にフォーカスして
できる範囲のことをやってベストを尽くします。

このように1日のルーティンとズレてしまった場合でも
その日のうちに、小さな軌道修正をすることで
自分のベストを尽くして行動することができます。

この例の場合では

無理をして夜遅くまで仕事がズレ込んでしまう
という事態は避けたいので、終わりの時間は
いつもルーティンに合わせることが重要です。

私の場合なら「21時に入浴する」という
ルーティンがあるので、その時間を目処に仕事を進めます。

このようにすれば、もし1日のうちに終わらせたいTODOが終わらず
翌日にズレ込んでしまった場合でも
1週間単位で調子のよい日にズレを修正していけばよいので
上手く軌道修正していくことが可能です。

ですので、フィードバックをしたら細かな軌道修正をすることが大切です。
そして、1日の最後に「後悔することなくベストを尽くせた」という感覚があれば最高です。

まとめますと…

「常にフィードバックを行いながら細かな修正を行い
一喜一憂せず今にフォーカスしてベストを尽くす」

これが最強だと個人的には考えています。

コメント