『催眠術のかけ方』林貞年[書評]

書評

催眠術について網羅的に解説された1冊
「催眠」「潜在意識」「トランス」なんて言葉が並ぶと
うさんくさく感じますが「コミュニケーション術」と言えば
取っ付きやすいのではないでしょうか。
 
わたし自身、催眠術をかじっていますが
催眠術を学ぶと確実にコミュニケーション術がアップします。
 
その理由は「共感」が必須だからです。
 
催眠術をかけるというと
強制的に相手が嫌がるような
恥ずかしいことをさせるイメージですが
実際の催眠術では「相手の許可」なくして
催眠術をかけることはできませんし
その許可を得るためには「信頼関係」が必要なのです。
 
つまり、催眠術を学べば、初対面の人と打ち解けられて
瞬時に信頼関係を築くことができるようになるということですね。

にわかに、信じがたいとは思います。
それらしい科学的根拠というものを見たことがないことも事実です。
 
しかし、催眠術が作用することは明らかです。
 
最初はうまくいかなくとも
何度か練習をして、色々な人にかけてみると
驚くような結果を体験できます。
 
何年も前に読んだ一冊ですが
好きな作家の印南敦史さんが「無意識を鍛える」の書評アップしていて
思い出したのです。
 
そういえば、催眠術にハマった時期もあったな、と。
 
個々のテクニックは心理学的なアプローチも多く
心理学が好きな人にもオススメの1冊です。

コメント